-女性の転職

2009年8月アーカイブ

転職のススメ

| コメント(0) | トラックバック(0)
ブライダル業界就職・転職ガイド(2009年)

 

転職を考えている人は多いかと思いますが、雇用の条件がいろいろ厳しい昨今では、なかなか簡単に転職に踏み切れるものではありませんね。

転職は、たしかに安易にするのは考えもの。人生つらいことは付き物ですから、どんな会社に転職したとしても、多少のガマンは必要です。くれぐれも転職を甘くみないこと。

しかし、勤め先が法に触れるような無茶な労働条件を従業員に強いていたり、あるいはセクハラやイジメなど従業員の人権を踏みにじるようなことがあったりした場合は、泣き寝入りなどもってのほか。しかるべきところに相談したり、法的措置を取ったり、時には転職を考えてもいいかもしれませんね。

転職の準備

| コメント(0) | トラックバック(0)
ブライダル業界就職・転職ガイド(2010年)

 

「転職」と一言で言っても、その動機は人それぞれ。「今の会社よりも条件の良いところから転職の誘いがあった」なんていうなら問題ないのですが、今の世の中、そんなことはとても稀なこと。多くの場合は、今の会社に何かしらの不満があったり、あるいはクビになったりなどして「会社に居られなくなった」ための、やむを得ない転職ではないでしょうか?

転職を考える場合は、事前に資格を取ったり貯金をしたり、新しい就職口をある程度考えたりと、それなりの準備はしておいたほうがいいでしょう。つまり、転職には計画性が必要です。くれぐれも転職の準備もせずに、衝動的に勤め先を辞めるようなことは避けたいものです。

 

 日帰り温泉旅行  日経225  小顔  二の腕ダイエット

女性の転職

| コメント(0) | トラックバック(0)
面接の達人(2008 転職実例集・面接質問)

 

女性の転職は、男女平等が進んでいる現在でも、男性の転職と比べると何かと不利なことが多いですね。

女性の転職の場合、一般的な転職の理由に加えて、セクハラに代表される女性特有の理由というものが絡んでいることも少なくありません。

女性の転職がこうした理由による場合は、単に転職するだけというのもいいかもしれませんが、転職は誰にとってもある程度のリスクが伴う行為。ただ泣き寝入りするのは何だか悔しいですね。女性の転職においては、しかるべきところに相談することで転職を回避できることもありますし、ケースによっては、会社や特定の個人を法的に訴えることも視野に入れてもいいかもしれませんから、転職はよく考えて決めるといいでしょう。


 

 水虫の症状と治療 アクサダイレクトとソニー損保  脚やせ
面接の達人(2008 転職版)

 

女性の転職は、職種にもよりますが、男性の転職に比べて不利に感じることも少なくありません。

女性の転職を有利にしてくれる条件の主なものとしては、
・資格
・キャリア
・年齢
・容姿
といったところでしょうか。まあ、転職ですから年齢は努力してもどうにもなりませんし、容姿にしても限界があります。キャリアも、ある人はいいでしょうが、ない人はその事実を変えることはできません。そこで女性の転職の最後の決め手になるのが、やはり資格。

女性の転職において、資格はあると有利なもの――とはいえ、資格もピンキリ。持っていても就職に結びつかないものも多数存在しますし、誰でも取れるような資格は、需要に対して供給が余り気味。

女性の転職に際しては、ある程度の計画性を持って、就職に有利な資格やキャリアを用意し、転職先をある程度絞り、さらにできればある程度貯金などもしてから転職を実行に移すことが望ましいでしょう。

 

 美肌サプリメント  葉酸の効果  リンパマッサージの効果  歯のホワイトニング
カテゴリー
更新履歴
転職のススメ(2009年8月19日)
転職の準備(2009年8月19日)
女性の転職(2009年8月19日)
女性の転職に必要なこと(2009年8月19日)
カテゴリー
更新履歴
転職のススメ(2009年8月19日)
転職の準備(2009年8月19日)
女性の転職(2009年8月19日)
女性の転職に必要なこと(2009年8月19日)